Life with Jimny

アクセスカウンタ

zoom RSS SAMURAI化(内容一部修正2010.3.4)

<<   作成日時 : 2007/01/19 10:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 19

前の記事で軽く説明したとおり、サムライとは北米輸出向けのジムニーで、日本で言うジムニーシエラとほぼ同型です。
ジムニーシエラではソフトトップモデルがありませんが、サムライにはソフトトップがあり、北米でもソフトトップの占める割合が多いようです。
 で、このサムライ化がなかなか一癖あり各年式でのラジエターグリルの意匠変更やオーバーフェンダーの形状や材質変更などが外観上年式ごとに多少違うのです。
私のジムニーは1990年式で、グリルは横基調の格子。サムライでも同型のグリルが存在するので目指すは90年式と思ったのですが、オーバーフェンダーが樹脂製のモノとスチール製モノと混在している様です。
この樹脂製オーバーフェンダーが手に入らないので、市販のオーバーフェンダーを付け、それに合わせてホイールサイズを変更。これだけでは全く雰囲気が出ず、アピオよりリリースされていたサムライレプリカを装着して90年式風にしてみました。ただ、やはりレプリカ、カタチは良く出来ていますが、サイドステップ部分などはやはり忠実には再現されていません。
出来が良いだけに違いが目に付いてしまい、中古パーツをコツコツ買い集め、部品が揃ったのが2006年6月ごろ。シエラ用のオーバーフェンダー、サイドシルカバー、リアバンパー、フロントバンパー、ボンネットフードなどなど。全て中古でそろえた為、傷や凹み、錆、穴あけ加工の跡などを自力で修正し、板金屋さんと親しくしている知人に塗装を依頼。
新品で用意した北米輸出用サイドターンシグナルレンズも付け雰囲気はかなりSAMURAIになりました。

                   ↓比較的最近の撮影

画像


 サムライ化に伴い変更追加したものは以下の通り

北米輸出用フロントサイドターンシグナルレンズ
 カタチはほぼ一緒ですが反射板になってます。部品番号を調べスズキ部販に問い合わせましたが輸出用部品の為、取扱無しとの返答。仕方なく専門業者よりレンズだけ購入。正直、割高です。
画像


北米輸出用リアサイドマーカー
 シエラ用バンパーのコーナーカバーにあるフタを外すと付けられます。レンズは勿論に反射板になってます。購入時期は随分前ですが、当時アピオで販売されていました。レンズとベース部分などが一式になっていてフロント用に比べたら随分割安感はありますが、それでもペア¥5,250−でした。
画像


JA51用ボンネットフード
 多分JA51、JB31、サムライと同じボンネットだと思われます。少なくともカタチだけは一緒です。某オークションで中古を落札し、レストアしました。落札価格は数千円。錆を削りとり、フカフカになっている鉄板は剥がし錆転換剤を塗布しパテで修正。なぜか開けられていた穴2つは鉄板を溶接してもらい、パテで修正。トータルでかなり時間を(手間も)かけました。

JB31用オーバーフェンダー、サイドカバー類一式
 1990年以降からのサムライのオーバーフェンダーはJB31と同じモノの様ですので(詳細な時期は定かではありませんが・・・)。某オークションで中古パーツを落札。状態はまずまずでしたが、やはり中古パーツです。微妙な凹みを裏から押し出したりコツコツとパテ修正。固定にはノーマルフェンダーからステーを立ち上げて固定していますが、オバフェンそのものがスチール製でしっかりしていることからガッチリ留まっています。サイドのパネルはサイドシルにステーを追加して純正同様クリップで固定。意外とガッチリ留まっています。無塗装の樹脂成型色なので直ぐに白くくすんできます。

JB31用フロント&リアバンパー
 フロントは北米輸出用と共通なのか?ライセンスプレート用の穴が日本サイズの穴のほかにもう1つ開いていて合計3個穴が開いてますのでサムライと共通部品であるという判断で装着。ちなみにフロントバンパーは随分前に某オークションにて中古を入手。落札価格は何と¥1−です。リアバンパーは職場のご近所さんの4駆専門店さんからの頂き物です。何でも、クロームメッキであろうがノーマルバンパーは欲しがる人が居なくて廃棄処分が決まっているとの事で正に寸前で交渉成立(¥0でした)。惜しくもクロームメッキのフロントバンパーは廃棄処分された後でした・・・なのでフロントはガンメタのバンパーです。

サムライ用リアヒッチメーンバー
 リアのフレームにガッチリ固定出来るので実用にも耐えるものだと思います。実際、2000ポンドの表記が刻印されたヒッチボールが付いていました。純正オプション品なのか、サードパーティ品なのか、クロームメッキ仕上げで形状もサムライ標準装備のモノとは少し違っています。ですが、正真正銘の逆輸入車のサムライから外したものをいただきました(取外し作業をしたのは私)。こちらも黙っていたら廃棄処分になる部品だったはずです。工具持参で交渉成立直後取外し!こちらも¥0・・・
画像


リアゲート用ハンドル
 21mm厚のMDF材より切り出し、純正品と同一形状に切削。防水の為に塗装の下地はポリエステル樹脂を含浸させました。自作複製品の為、見た目だけで機能はしません。画像は仕上げ塗装前のモノを携帯のカメラで撮影(画質がイマイチです・・・)
画像


リアゲート用キーシリンダー 
 部品取り車のJB31のキーシリンダーをいただきました。サムライのリアゲートを正確に採寸して穴あけ加工し装着していますが、キーの機能は無くゲートハンドル同様見た目だけ。ゲートに貼ってあるSUZUKIの旧ロゴはカッティングシートで制作し貼っています。Sの文字が少しカクカクしていて現在のロゴのように丸みがありません。データはフロントグリルに使ったエンブレムをスキャンしてプロッター用のデータに作り替えて制作。自作といえば自作ですね
画像


とこんな感じです。

ちなみに、ブログのトップページで使っている画像で分かるとおり、グリルの一部をボディ同色にペイントしています。センターに付くエンブレムはJA51かサムライ用の部品です。ノーマル時のメッキ調のエンブレムをオーダーしたつもりが白塗りのエンブレムが届きました。今となっては好都合だったのですがね。
 あと、忘れてならないのがドアミラーです。
                ↓こちらはサムライ用のドアミラー
画像


勿論サムライ用のものを付けていたのですが、なにしろ平面鏡でして、後方の視界が狭く、死角が多すぎて不便で丸い貼り付け式の補助ミラーを鏡に貼っていましたが、補助ミラーの大きさが微妙にかっこ悪く不満に思っていました。
つい最近知人のニッサンD21を眺めていて気付いたことがありました。D21用のドアミラーとサムライのミラーの形状が似ているのです。細かい部分を比べると表面仕上げ(シボ加工の表現)や角の曲面など違いはありますが、比べないとほとんど分からないくらい形状が似ていることから視界確保を優先してしまいました。死角が多くて車線変更などの時はかなり気を使っていましたが、D21用は曲率のついた鏡なので視界も良好です。ヘビーな北米仕様マニアさんから見たら邪道かもしれませんが、結構気に入ってます。
              ↓そしてこちらがニッサンD21用ミラーです。
画像

装着にはそれぞれのミラーを本体と台座部分から分離させてミラー本体を移し変えて装着しました。つまり、サムライ用の台座にD21用のミラーが付いていると言えば分かりやすいでしょうか?ちょっとした工夫で組み替えが可能です。興味がある方は試してみては?(そんな人居ないか?!)あ、気が付いた人が居ないとは思いますが、窓枠の上部にある日本の幌車の証である部品を外しました。上の画像でサムライミラーの時はまだ付いていますが、D21用に換わってからの写真には写っていません(最近ヤフオクにてこのネタをもとに☆ジムニー・サムライ・クロームドアミラー新品として売られています!注意が必要です!)。

 シエラ用のオーバーフェンダーに合わせる為にセットしているホイールサイズは、15インチの7J、オフセットはマイナス13を装着。リムも深く好みです。組合わせているタイヤは夏用としてLT30X9.5R15のサイズの組合せ。タイヤ外径が750mmと純正サイズに対して50mm以上の大径化となりますが、元々のギヤ比が低速よりなので、街乗りではかえって乗りやすく感じますが、登坂路ではやや加速性能が落ちる感じです。またリーフスプリングで5cm程度のリフトアップ量ではフロント第一メーンバーに付くバンパー固定用ステーと干渉するので斜めにカットして対処し干渉の度合いを軽減させています。クロカンユース向けのバンパーを装着している方などは第一メーンバーの切断は常識でしょうから問題ありませんが、ノーマルバンパー派の人は要注意です。
 冬は同じサイズのホイールに225/70R15のスタッドレスを装着。このタイヤサイズですと、純正サイズの175/80R16の外径とほぼ一致する為加速性能などの低下は感じられませんが、ゆえに5速での60km/h巡航でエンジン回転はやや上がり気味・・・もう1速欲しいです。でも駆動系には優しそうで、夏用もこれくらいのサイズにダウンしようかとも考え中・・・。

次回は2006年中に行ったトラブルに対するメンテナンスなどを書いてみます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして、最近とてもジムニーのサムライ仕様が欲しくて、色々検索しましたらこちらにたどり着き、何日か前からこちらで勉強させていただいてます。今日、アピ○にサムライのレプリカのフェンダーセットの在庫を確認しましたら、もう販売していないとの事でした・・・。後はもう、シエラの純正を買うしかないでしょうか?ご教授頂きたく、書き込みしてしまいました。宜しくお願いいたします。
いち
2007/04/12 22:22
いちさん初めまして。
同じ趣向のジムニー乗りさんが居るとはちょっと意外でした。
サムライ仕様、簡単そうですが、ベースの年式と目指すサムライの年式で揃えたい部品が変ってくると思います。
自分のは90年後半(?)ごろのサムライをコンセプトにいろいろ変更しています。
アピオのレプリカは90年以前の樹脂製のオーバーフェンダーをモチーフにされているようで、形状も良く似ています。ですが、サイドステップ周りやオーバーフェンダーとサイドステップが繋がるラインが純正とは違う位置なのでちょっと微妙です(個人的にはという意味で)。。
サムライコンプレックス
2007/04/13 09:32
続きです。
JA11の2型以降のラジエターグリルのサムライでいくならシエラ純正がピッタリだと思いますよ。新品で全て揃えると結構割高ですが、ヤ●オクなどでもタイミング次第では安く入手できると思います。ただ、タイミングが悪いと高騰してしまい、新品の半額くらいまでいってしまうと思います(それでも足らない部品があるので別途容易が必要な場合もあります)。また、サイドステップ周りの出品も少ないので全て揃えるには時間がかかると思います。
私の場合はシエラの解体車の出品から欲しいものを価格と一緒に出品者に連絡し、買いそろえました。ですので、かなり割安で揃えられました。こういうタイミングを待つか、新品でいくかということになりますよねぇ・・・
あと塗装も必要でしょうから、その分も考慮すると中古パーツが良いと言う判断で揃えました。正直かなり長期間にわたり準備しましたよ。
サムライコンプレックス
2007/04/13 09:34
さらに続きです。
取り付けにあたり、ジムニー(軽)とシエラでは前後のフェンダーとサイドシルが違いますので(シエラはオバフェン用のステーとステップ用ののステーが溶接されている)オバフェン用にステーを立ち上げる必要があります。サイドステップについても同様にステーが必要になります。
このあたりはプラモデル感覚で試行錯誤して位置出しするのも楽しい部分かもしれません。
オーバーフェンダーと同時に純正のフチゴム(実際には軟らかい樹脂製ですが)が必要です。ボディのプレスラインに沿った形状となっており、純正らしくフィッティングもバッチリです(経年劣化で多少縮んでずれてきますが)。
サムライコンプレックス
2007/04/13 09:35
もう1つ。
北米サムライの95年最終(?)モデルともなるとサードランプ(ハイマウントストップランプ)が必須になります。これは入手困難だと思いますので難しい年式になるかと思います。
自分にとって都合の良い年式を目指しながらやっていくのが気楽でいいですよ。
また分かる範囲以内でお答えいたします。間違っている事もあるかもしれませんがその際はご指摘下さい。では!
サムライコンプレックス
2007/04/13 09:35
サムライコンプレックスさん、ありがとうございます。大変勉強になりました。丁度、タイミング良く?例のオクで部品取りのシエラが出品されてます。ある程度やってある車を探していたのですが、なかなか都合の良い車がないですし、ショップ任せでも金額が行きそうですので、ノーマルを購入し出来る範囲で地道にコツコツ行ってみます。ご迷惑でなければ、また相談させて頂きたいと思いますので、今後とも宜しくお願いいたします。
いち
2007/04/13 10:48
いちさんどうも。軽ベースですよね?頑張ってください。
ベースはノーマルがいいですよ。クロカン系のモディファイがしてあるとサムライ化に不都合な事も出てきます。
サムライの上げ系だとほーシング逆付けとかが多いようですが、日本だとリーフが主流でしょうから、第一メーンバーをカットして外径の大きいタイヤを履くと思いますが、そうなるとシエラバンパーは付けられませんし。。。
良心的なショップにめぐり合えるといいですね。
オバフェンに合うホイールサイズも試行錯誤しないとですね。
タイヤサイズとの兼ね合いもありますから、私のは今15x7Jオフセットマイナス13にリアのみ32ミリのスペーサー入れてます。
タイヤは205/75R15です。ギリギリツライチです。
サムライコンプレックス
2007/04/13 10:59
サムライコンプレックスさん、度々ありがとうございます。はい、軽ベースです。ベース車は、ほぼ決まってます。1型か2型の候補があり、迷っているのですが、グリルは1型が好きです。購入しましたら、またご連絡させていただきます。仕事ほったらかしで、こちらのブログを何度も読み返しています(汗)。これからも楽しみにしいてます。では。
いち
2007/04/13 11:44
購入後のメンテナンスを考えると2型以降が良いと思います。
1型はウォーターポンプとかが割高です。距離もそれなりになってくる車だと思うので、こんな部分も考慮しながら選んだ方が良いかと。もっとも良く整備された1型なら問題ないと思いますがね(購入時に全て交換しておくとか)。
グリルは1型のって一般的に不人気?じゃないですか?
私は1型のがサムライっぽくて好きです。
2型のも持っているので気分で付け替えてま〜す。
サムライコンプレックス
2007/04/13 12:13
度々すみません。2型がお勧めなんですね!1型は距離7万キロ台、外装の程度は中、内装は中で50万。2型は距離8万キロ台、外装は上、内装中の下で56万なんです。で、2型はオーバーフェンダー、アルミ付きです。オクに1型のグリルも出てたので、2型にしようかな・・・ミラーは真っ先にサムライ用に変えちゃいます。
いち
2007/04/13 12:33
お奨めというか、1型しか所有したことがないので未知な部分もあります。
ただ、1型は純正状態で52だったか55馬力、2型は58馬力、以降最終型で64馬力です。多分マイナーごとに信頼性も上がっているのだと思います。
高年式になればなるほど幌車の玉数は少なくなると思います。確か途中から受注生産だったような気がします。
サムライコンプレックス
2007/04/13 12:49
で、1型だと直結ファンで夏はオーバーヒート気味、冬はオーバークールと結構困ります。
2型からカップリングファンになります。
このへんのからみでウォーターポンプの値段が違うのかもしれません(さだかではないですが)。
また、1型は触媒が付いていない為、排ガスもそれなりに匂います。排気漏れのない(ヒビワレや穴)排気系が必須です。幌だとなおさらです。
あと、ノーマルのクランクテールになっている純正マフラーは切られている場合が多いと思いますが、のーまる形状が排気ガスの巻き込みがなく良いと思います。
サムライコンプレックス
2007/04/13 12:54
ミラーですが、本物だと右側には曲率が付いた鏡で、左が平面、
OEM品だと、両方平面でかなり視界が厳しいです。私のはOEM品なので左右とも平面でした。今、平面の鏡だけ外してワゴンアール用のミラーをはめ込んでいます。少し隙間が開きますが、見えないよりよいかと・・・。
ご参考まで
サムライコンプレックス
2007/04/13 12:59
ありがとうございます!大変、参考になります!2型が濃厚になりました。マフラーは車検対応のマフラーに変えようと思っております。ミラーも参考になりました。変える時がきましたら、また色々教えて頂きたいと思っております。
いち
2007/04/13 13:24
こんにちは
はじめまして
あのもしよろしかったら教えていただきたいんですが
サムライ使用にするさいにオーバフェンダとサイドのモールはどうやってとりつけられましたか?
ステーがボディに溶接してあってはすずことは不可能なのでしょうか?もしよろしければご返事ください
私のアドレスですが
onepiece11111@cameo.plala.or.jp です 失礼します
ゆうじ
2007/04/28 12:29
ゆうじさん初めまして。
略図を作ってご指定のアドレスに送っておきました。
サムライ化計画中ですか?頑張ってくださいね!
分かることのみ私なりの解釈でよろしければまたご活用下さい。
サムライコンプレックス
2007/04/28 13:37
あ、そうだ・・・シエラなどはステーが溶接されています。
ステーのみの部品は用意されておらず、ステー付きのフェンダー、ステー付きのサイドシルとなってます。
サムライコンプレックス
2007/04/28 13:44
私はサムライ所有しています1995です
samurai
2017/08/17 10:08
samurai様、コメントありがとうございます。サムライ所有という事で羨ましいです、1995ですと新しめで良いですね〜
サムライコンプレックス
2017/08/17 12:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
SAMURAI化(内容一部修正2010.3.4) Life with Jimny/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる