Life with Jimny

アクセスカウンタ

zoom RSS メンテナンス

<<   作成日時 : 2007/04/18 12:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

今日、我がジムニーはメンテナンスの為、職場まで引取りに来てもらいました。メニューはタイミングベルトとウォーターポンプ関連の一式です。
ヘビーなジムニーユーザーは自力で作業するのかもしれませんが、自分の場合は手を出してはいけない領域な気がして本職さんに依頼しました。意気地なしと思われてもそれはそれ。
大事に、長く乗ってゆきたいからこその判断で、技量は人それぞれですし・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
ぼくは「とにかく何が何でも自分でやる」というのは反対派です。

ケチって自分でやろうとしていじり壊す、ケチって交換しない。工賃の意味も解らず高いと嘆く。

こんな人って結構いますよね。

必要に応じてプロに任せるというのは、大切に、長く乗る為の正しい判断だと思います(^^)
8mano
2007/04/18 23:41
ご賛同ありがとうございます!
工賃って技術料ですからねぇ〜
自分が出来ない(特に経験が無い、あるいは専用工具を持っていないなど)部分は
プロに任せる方が安心ですよね。

ただ、今回は主治医ではなく別の整備屋さんでの施工だったので少し不安がありました。
長く大事に乗ってゆきたいと言う思いがどれくらい伝わっているのか?
という部分でも初診は不安です。
事前のコミュニケーションの重要性を大切にしている整備屋さんなら不安材料も減りますが、
今回は知人の紹介でコミュニケーションもそこそこに引き取られていったので何かと心配でした。

主治医さんは別メーカーのサービスエンジニアでして、最近忙しそうでちょっと気が引けてしまって・・・

で、結果どうなったかと言えば、交換そのものは普通になされているようでしたが、
細部への配慮や方針などに主治医さんとは違う部分がありました(ちょっと残念・・・)。


サムライコンプレックス
2007/04/19 10:29
>細部への配慮や方針
ぼくの場合は自分で施工する理由がこれです。主治医は自分(笑。自分で作業すると工賃の意味がよく解って良いのですが・・・・素敵な整備屋さんが主治医を務めていらっしゃるというのはいいですね!
8mano
2007/04/19 23:16
私も仕事柄、ある程度は自分でなんとかしているのですが、未経験な部分についてはプロに助言、もしくは任せてます。とくに前述の幼馴染の存在は絶大です。次回はやはり彼に頼もうと昨日伝えてきました(笑
細部への配慮と同時にプロとしてのプライドも大切だと思います。
工賃という形で技術を買うわけですから、言い換えれば技術という名の商品なわけですよねぇ。
目に見えない商品は施工の結果としてしか見ることが出来ないので
細部への配慮が今ひとつだとすれば、隠れてしまう部分についての信頼性にも疑問を抱いてしまいます。


サムライコンプレックス
2007/04/20 10:05
どういうことかというと、施工内容の説明もそこそこに、納車となり、
「他の場所はどうですか?大丈夫そうですか?」の問いに「そうですねぇ、他は問題ありませんねぇ」と。
この時点で自分の中ではシフト時の引っかかりや、シフトレバーのぐら付きなどを指摘するかな?と思っていたのですが、指摘はなし(運転してきたはずなのに・・・)。

サムライコンプレックス
2007/04/20 10:19
その後帰宅し、車から降りると冷却水の臭いがしたのでボンネットを開けると、噴いていたのですクーラントが。
直ぐに原因を探るべく外したであろう箇所を手で揺すぶってみると、サーモスタット部分のラジエターホースの締め付けが甘く、圧がかかって噴いていたようです。ホースバンドを確認すると一見絞まっていますが、実際にドライバーでまわしてもそれ以上絞め込めない・・・ですが、バンドは軽く止まっているだけでした。バンドの山が削れ、それ以上絞め込めない状態だったんです(絞め切ったかのような感触)。
とりあえずはタイラップで応急処置して翌日バンドを買いに行き完治。
勿論このことは施工者に報告し、別件も報告しました。
謝罪もされましたが、時既に遅しで、本来納車前にチェックすべき部分を手先伝わる感覚だけで触手での確認を怠ったが為に出た結果ということになります。
サムライコンプレックス
2007/04/20 10:19
もう1つがタイミングベルトインサイドカバーに使うインサイドシールの省略。
オイルシールの交換もしてもらい、当然外すインサイドカバーですが、ここに貼る?スポンジのシールが省略されていました。つまり、オイルシールはむき出しでカムシャフトも露出している状態。
シール剤を多めに塗布してありましたが、回転部分ですから無意味です。
純正部品で約¥400の部品ですが、省略されてしまいました。
今、部品の手配をし、入荷したら正規の姿にしてもらおうと考えています。
このことに対しこう指摘すると「インサイドカバーとオイルシールの隙間に純正のシールは使わないのですか?」『ちはいつもシール剤で対処しています』
「カムシャフトが見えてますが良いのですか?」『ぇえ、見えちゃってますか?!』
「ハイ、バッチリ回転部分が見えてますが」『じゃ、明日にでもお伺いしてコーキングさせていただきます!』「は?コーキング?」『はい私がお伺いしてコーキングいたします!』
「・・・・・ぁ、じゃ待ってます」
と。。。コーキングですって・・・
雨漏りの修理かなにかかしら?って感じです。
サムライコンプレックス
2007/04/20 10:33
絶句・・・です。

今まで何機かエンジンを分解したり、整備したりしてきましたが、「とりあえず液体ガスケット」これは多いです。オイルストレーナーに絡みついたガスケットのカスが・・・・

例えば組み付け部品の面修正や、ボルトに対してのグリースやコンパウンドの塗布等といった少し面倒な作業が、本当に行われているのかとても不安です。ちゃんとすれば、部位によっては液体ガスケットなど必要ないくらいなのに。

水漏れしてリーク防止剤を入れて誤魔化すなど、冗談のような話が沢山ありますね。部品交換というと本来の修理や交換に伴う修正といった仕事は軽んじられてしまうのでしょうか・・・(生真面目で良い整備屋さんは勿論いらっしゃいますが!)。

サムライコンプレックスさん、今回は本当に残念な結果でしたね。大切なジムニーが正常な状態に戻る事を願います。コーキングで埋められてはたまりませんが・・・・
8mano
2007/04/20 12:02
全く、コーキングって言葉が出たときは軽く絶句でしたね。
意識の問題でもあると思いますが、そこにプライドを感じられなかったです。
主治医は生真面目で、スキが無いです。仮に判断にオーナーの意見が必要な場合など(工賃や部品調達時間の変更などによる納期の事など)は必ず連絡が入りますし。だから他メーカーの車に乗った知り合いにも薦められます。
今回は・・・・(言うまでもありませんね)。

正直、自分の車が白ナンであれば何のためらいもなく彼のところへ預けると思います。
ただ、現状だと何かの時に迷惑をかけてしまう可能性がありますからね・・・
白ナンあこがれます。




サムライコンプレックス
2007/04/20 12:17
って事で、先ほど施工者が謝罪とともに訪問されました。
『まことに申し訳ありませんでした』ということですが・・・
『じゃ、早速やらさせてもらってよいですか?』
「何をですか?」『いゃ、あのぉコーキングです』
「大丈夫なんですか?コーキングで? 」
『はい大丈夫です。あの当り面までは・・・』
間髪いれずに「コーキングじゃあとあと大変なんじゃないですか?」
「部品はもうたのんであって、入荷待ちなんですけど」
『あ、そしたらやり直させていただきますので』
「大丈夫なんですね?」
『はい問題ないようにやり直させていただきます』
『そうしましたら部品が入荷いたしましたらご連絡下さい。直ぐに引き取りに伺います!』

って。

あとは足りないものがあれば直ぐに調達いたしますって事だったのに
例のシールセットは省略。
たった¥400たらずです。
このために、また作業を重複しなくてはいけないと言う状況はけっして楽では無いと思うのです。

サムライコンプレックス
2007/04/20 12:47
つづき

大体、現車の状態を事前に確認もせず、勝手に見込んだ施工内容。
事前に見積もりはいただきましたが、記載内容はタイベル、ウォーターポンプ、テンショナー、クランクオイルシール、カムオイルシール、タイベルカバー(アウトサイド)&同シール、それに、工賃。ここまでです。
引き取り時に現車確認で、ファンベルトが追加。


大丈夫じゃないから今回のような事になる訳で
引き取り時間の損失、信頼の消失、と失うものが多いのに・・・

なにもわからずあいまいにされてしまうケースもあるんでしょうね。
私の性格ではあいまいに誤魔化す事は無理だったようです。
工賃という名の商品をもっと重んじる必要がありますね。プロなんだから。
返品のしようが無い、時間と労力を無駄にしてはいけないと思います。。。

サムライコンプレックス
2007/04/20 12:52
そうですねぇ。ユーザーも施工者も、何の徳にもなりませんよね。とはいえ、何も知らないユーザーであればそのまま不適切な箇所を残したまま継続運行してしまう訳ですから恐ろしいものですね。大半の人間は自分の車両のエンジン型式も知らないわけですから(それも問題ですが)。

それにしても、クルマが戻ってくるまで私も心配です。
8mano
2007/04/20 22:44
8manoさん、毎度どうもです。
昨夜パッキンが入荷になり、来週火曜日に正規の状態にしてもらうことになりました。

今朝、一緒に発注しておいたシフトレバーの奥に付く左右から支持しているピンの中に入るスプリングを交換しました。
右側が見事に4分割になってました。
しかし、ここの外側のボルト、22mmなんですね。
19mmまでしかコンビを持っておらず、モンキーでチャレンジしましたが
なめそうで、結局急遽22mmのコンビを買ってきてしまいました。使い慣れない形状でしっくりこなかったんですけど、なんとか交換成功です。
シフトレバーの球状部分を保持するロアーシート、アッパーシート(単品を個人輸入)、今日のスプリング交換で、ようやくニュートラル位置が安定しました。気分が良いですね。
サムライコンプレックス
2007/04/21 10:18
はなびさんのところから来ました。
はじめまして、今後ともよろしくおねがいします。
「長く、大事に乗りたい。」主治医の存在は大事ですよね。
私の主治医は、「純正が一番。」という頑固者です。(笑)
応急処置と、恒久処置がわかる人に任せたいですね。
無事の納車報告をお待ちしております。
猫のこにお”T”
2007/04/22 11:57
猫のこにお”T”さん
初めまして。こちらこそよろしくお願いしますね。
主治医は大切ですね。
いままで当たり前のようにこなしてくれていた事は
今回の整備屋さんでは通用しないようです。

火曜には再施工ですが、本音は「あなたには任せたくない」という感じです。
今回は仕方ないのでキッチリフォローしていただきますが、次は無いですね。

お2人ともお気遣いありがとうございます。

サムライコンプレックス
2007/04/22 12:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
メンテナンス Life with Jimny/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる